メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

谷口ジローさん69歳=漫画家「孤独のグルメ」

漫画家の谷口ジローさん=東京都東村山市で2008年11月、丸山博撮影
漫画「孤独のグルメ」(扶桑社)

 「『坊っちゃん』の時代」や「孤独のグルメ」などの作品で知られる漫画家の谷口ジロー(たにぐち・じろー、本名・谷口治郎=たにぐち・じろう)さんが11日、死去した。69歳。葬儀は家族のみで営む。

 鳥取市出身。京都の洋品卸会社に勤めた後、漫画家を志して上京。24歳の時、「嗄(か)れた部屋」でデビューした。繊細な描線と墨を使わずに表現する独特な陰影が持ち味で、普通の人の日常を描いた大人向けの作品が多い。作家の関川夏央さんとコンビを組んだ「『坊っちゃん』の時代」では、日本漫画家協会賞優秀賞や手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞、代表作の一つとなった。また、久住昌之さん原作の「孤独のグルメ」は、輸入雑貨商の主人公が街角の食堂で一人もくもくと食事をする姿が人気を博し、テレビドラマにもなった。フランスをはじめ海外でも高い支持を得ており、2011年には仏芸術文化勲章「シュバリエ」を受章している。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 脳卒中 傷ついた細胞を食べ、脳の修復促す細胞を発見
  2. 乃木坂46衛藤美彩 「ヤンマガ」で写真集の未公開カット続々 ビキニも
  3. 選挙 横須賀市長選 候補者の横顔 /神奈川
  4. 横須賀市長選 上地克明氏が初当選 小泉進次郎氏推す新人
  5. ヤミ民泊 指導1割 1万施設、大阪市「追いつかず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]