メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生家の改修終わり一般公開 佐賀

公開された大隈重信の生家=佐賀市で2017年2月11日、池田美欧撮影

 早稲田大学創設者で佐賀市出身の政治家、大隈重信(1838~1922年)の同市にある生家で改修工事が終わり、11日から1階部分の一般公開が始まった。

 来年の明治維新150年を前に約半世紀ぶりに市が改修。江戸時代からの瓦や柱の一部は残しつつ、古くなった屋根のヨシや瓦、畳などを張り替え、耐震工事も施した。

 2階の勉強部屋には、大隈が眠くなった時に頭をぶつけたという「ごっつん柱」が残り、今後は毎月5、15、25日に特別公開される。同市は「大隈の足跡と人柄に触れて」とPR。【池田美欧】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山・加計学園 獣医学部新設手続き「早く」 首相補佐官、前次官に要求 昨秋
  2. ORICON NEWS 笑福亭仁鶴『生活笑百科』32年目で初欠席 補佐の桂南光が「室長代理」
  3. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
  4. 法科大学院 志願者、6年連続減 今年は延べ5613人
  5. アスペルガー症候群 15歳、ぼくにしかできないことを

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]