メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子は宇都宮亜依が初優勝

第45回全日本実業団ハーフマラソン大会の女子で優勝した宮崎銀行の宇都宮亜依=山口市で2017年2月12日、佐野優撮影

男子はアビヨット・アビネットが初優勝

 第45回全日本実業団ハーフマラソン大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など後援)は12日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場を発着するコースで開かれ、女子は宇都宮亜依(宮崎銀行)が1時間10分47秒で初優勝を果たした。男子はアビヨット・アビネット(八千代工業)が1時間1分21秒で初優勝し、藤本拓(トヨタ自動車)が1時間1分53秒で日本人トップの4位。3連覇を狙ったチャールズ・ディランゴ(JFEスチール)は3位に終わった。

     女子10キロは福田有以(豊田自動織機)が32分17秒の大会新記録で初優勝した。(スタート時の気象=晴れ、気温3度、湿度82%、風0メートル)

    第45回全日本実業団ハーフ(12日、山口・維新百年記念公園陸上競技場発着)=本社後援

     【男子】(1)アビヨット・アビネット(八千代工業)1時間1分21秒(2)ディラング(愛知製鋼)1時間1分46秒(3)ディランゴ(JFEスチール)1時間1分52秒(4)藤本(トヨタ自動車)1時間1分53秒(5)山中(Honda)1時間2分0秒(6)猪浦(八千代工業)1時間2分1秒(7)ムイバキトニー(カネボウ)1時間2分5秒(8)横手(富士通)1時間2分15秒

     【女子】(1)宇都宮亜依(宮崎銀行)1時間10分47秒(2)筒井(ヤマダ電機)1時間10分55秒(3)藤本(京セラ)1時間11分0秒(4)芦(九電工)1時間11分12秒(5)野添(三井住友海上)1時間11分14秒(6)岡田(大塚製薬)1時間11分17秒(7)ワンジュグ(ユニバーサルエンターテインメント)1時間11分34秒(8)池満(鹿児島銀行)1時間11分36秒

     【女子10キロ】(1)福田有以(豊田自動織機)32分17秒(2)一山(ワコール)32分24秒(3)森田香(パナソニック)32分27秒

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治 「カール」販売終了 中部地方以東 販売低迷で
    2. 加計学園 前川氏会見詳報(1) 「あったことをなかったことにはできない」
    3. 将棋 14歳プロ藤井四段 無敗13連勝 羽生に迫る神童
    4. 加計学園 前文科事務次官「文書は確実に存在」
    5. 統幕長 定年再延長 野党、「ありがたい」発言批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]