メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個人消費

動向「悪い」が49.7% 活性化には「賃金の増加」 四国企業へ調査 /四国

 個人消費の現状と今後に対する意識について、帝国データバンク高松支店が四国の企業を対象に調査したところ、49・7%の企業が現在の個人消費の動向を「悪い」と回答し、「良い」は9・6%にとどまった。活性化に必要な条件としては、72・9%が「賃金の増加」と答えた。

 昨年12月から翌月にかけ、四国4県に本社を置く企業を対象にアンケート調査し、314社から有効回答を得た。

 これまでの消費活性化政策で効果があったものを聞いたところ(複数回答可)、最高は「エコカー減税・補助…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです