メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹に託す今年の運…名古屋

竹の折れた方向で吉凶を占う「きねこさ祭」=名古屋市中村区で2017年2月13日午後0時48分、山口政宣撮影

 長さ8メートルの竹が折れると歓声が上がった。名古屋市中村区の神社「七所社(しちしょしゃ)」に伝わる「きねこさ祭」の川祭りが13日、近くを流れる庄内川であった。川の中に立てた竹が折れた方角で一年の吉凶を占う神事で、今年は真南の「吉」と出た。

 正午過ぎ、後厄の男性10人と子ども2人が下帯姿で長さ約8メートルの竹を担ぎ、威勢よく川に入った。立てた竹に1人がよじ登ると南側に大きくしなり、「バキッ」と音を響かせて折れた。祢宜(ねぎ)の吉田雅彦さん(55)は「曲がり方も音も良かった。平穏な一年になりそうで安心した」と話していた。

 祭りは尾張三大奇祭に数えられ、1000年以上の歴史があるとされる。祭具の「杵(きね)」と、杵からこすり落とした餅を指す「こさ」に由来するという。【長谷部光子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 陸に落ちたら…=山田孝男
  2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
  3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
  4. 特集ワイド ミサイル「危機」狂騒曲 踊らされているのは誰? 学校が「対応」のお知らせ配布 それでも原発は再稼働
  5. ひき逃げ容疑 同志社女子中高の教諭逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]