メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

したたかな黒 アジア総局・西脇真一

 タイのプミポン前国王が昨年10月13日に死去して4カ月が過ぎ、服喪ムードもずいぶん和らいだ。大きな節目の先月の「百日法要」を機にテレビ放送は通常態勢に戻り、娯楽イベントも復活した。

 ただ、公務員の服喪期間は1年間で、街では今も、黒い服を着た人が目につく。王宮で先日あった授賞式の取材でも、黒ずくめの服に腕の喪章まで着用を求められた。

 とはいえ、おしゃれ好きなタイの女性のこと、喪服といってもデザインはさまざまだ。日本でのイメージとは…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. WEB CARTOP 「パトカーの待ち伏せ時の駐禁は? 速度違反は?」など緊急車両の交通ルールとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです