メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

したたかな黒 アジア総局・西脇真一

 タイのプミポン前国王が昨年10月13日に死去して4カ月が過ぎ、服喪ムードもずいぶん和らいだ。大きな節目の先月の「百日法要」を機にテレビ放送は通常態勢に戻り、娯楽イベントも復活した。

 ただ、公務員の服喪期間は1年間で、街では今も、黒い服を着た人が目につく。王宮で先日あった授賞式の取材でも、黒ずくめの服に腕の喪章まで着用を求められた。

 とはいえ、おしゃれ好きなタイの女性のこと、喪服といってもデザインはさまざまだ。日本でのイメージとは…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです