メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

石綿扱う資格、徹底養成 英国の対策/下 講習機関設け除去の質保つ

 アスベスト(石綿)を除去する業者に免許制を導入している英国では、作業員の資格取得のために自動車教習所のような講習機関が整備されている。記者とともに視察した石綿問題総合対策研究会(事務局長・村山武彦東京工業大教授)は「日本にない徹底ぶり」と注目した。

 英バーミンガム郊外にある石綿除去事業者協会(ARCA)の講習施設。体育館のような建物には、模擬の石綿が吹き付けられた天井や配管の模型が置かれ、業者の社員たちが石綿を取り除く方法を学ぶ。プラスチックで隔離された区画内には除じん装置が置かれ、石綿を漏らさないための要点が分かる仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです