メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

石綿扱う資格、徹底養成 英国の対策/下 講習機関設け除去の質保つ

 アスベスト(石綿)を除去する業者に免許制を導入している英国では、作業員の資格取得のために自動車教習所のような講習機関が整備されている。記者とともに視察した石綿問題総合対策研究会(事務局長・村山武彦東京工業大教授)は「日本にない徹底ぶり」と注目した。

 英バーミンガム郊外にある石綿除去事業者協会(ARCA)の講習施設。体育館のような建物には、模擬の石綿が吹き付けられた天井や配管の模型が置かれ、業者の社員たちが石綿を取り除く方法を学ぶ。プラスチックで隔離された区画内には除じん装置が置かれ、石綿を漏らさないための要点が分かる仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1044文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです