メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新プリウスPHV発売 ソーラーパネルで充電も

発表会で展示された新型プリウスHV=東京都内で2017年2月15日、米田堅持撮影
発売された新型プリウスPHVの横で笑顔をみせる石原さとみさん=東京都江東区で2017年2月15日、米田堅持撮影

 トヨタは15日、プラグインハイブリッド車(PHV)の新型車「プリウスPHV」を同日から発売すると発表した。量産車初となるソーラーパネルルーフから走行などに使うバッテリーを充電できるオプションも用意した。

 新型プリウスPHVは、電池容量を大幅に拡大し、ガソリンを使わないEVモードでも従来型の2倍を超える68.2キロの走行が可能となったほか、EVモード時の最高速度を時速100キロから同135キロとした。98馬力の1.8リットル高効率エンジンと72馬力のモーターを組み合わせることで、燃費はガソリン1リットルあたり37.2キロとなった。

 また、充電に家庭用のアース付きコンセント(100ボルト6アンペア)の使用を可能にしたことで、充電専用の電気工事が不要となり、より使いやすくなっている。充電時間は100ボルトで14時間、200ボルトで2時間20分。急速充電にも対応しており、20分で80パーセントまで充電することができる。

 一方、外部給電機能は、エンジンを作動させる「EV給電モード」では1500ワットの出力で最大2日の電力供給が可能だ。

 価格は「S」の326万円から「Aプレミアム」の422万2800円まで。1カ月あたり2500台の販売を見込んでいる。

 会場には、新型プリウスPHVのイメージキャラクターとして展示車両と同じ青のロングドレスを着た石原さとみさんも登場。目玉機能のひとつとなっている外部給電機能について、石原さんは「(車からの電気を使って)バーベキューやイルミネーションをしたい」と笑顔で語った。壇上に置かれた新型プリウスPHVの給電口に、家庭用コンセント付きの専用コネクターを差し込んでスイッチを入れるとPHVと書かれたライトが点灯、石原さんは「こんなに簡単なら誰でもできる」と驚いていた。【米田堅持】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新イオン 豊田にオープン 来月7日・売り場面積1.5倍 /愛知
  2. 韓国 日韓間に新たな火種か 「徴用工に個人請求権」発言
  3. 北朝鮮 「文大統領は落第」機関紙が論評
  4. 慰安婦問題 日韓合意再交渉、安倍首相が否定
  5. 韓国 「スパイ」で服役、在日韓国人無罪 ソウル高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]