メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球漫画

「キャプテン」 4月から続編スタート

4月から新連載が始まる「キャプテン」の続編=(C)ちばあきお・コージィ城倉/集英社

コージィ城倉さんが執筆

 1970年代に「少年ジャンプ」(集英社)などに連載された人気野球漫画「キャプテン」の続編が、4月から「グランドジャンプ」(同社)で新たに連載される。作者のちばあきおさんは84年、41歳の若さで亡くなったことから、続編は「砂漠の野球部」の他、「グラゼニ」の原作者としても知られるコージィ城倉さんが描く。

 「キャプテン」は72~79年に「別冊少年ジャンプ」に連載。墨谷二中野球部に入部した谷口タカオがキャプテンに指名され、ひたむきな努力とあきらめない姿勢でチームを引っ張っていく姿を描いた。73年からは「キャプテン」の高校編とも言える「プレイボール」の連載が「週刊少年ジャンプ」でスタート。高校生になった谷口が持ち前の根性で自らのけがを克服し、弱小野球部を鍛えていくストーリーは、漫画ファンだけでなく多くの野球ファンの共感を呼んだ。

 新しく始まる続編は、高校最後の夏を迎えた谷口が墨谷ニ中の後輩である丸井やイガラシらと共に甲子園を目指し、奮闘する姿を描く。コージィ城倉さんは「ちばあきお先生が生きていたら、おそらくこんなカンジで描いたのではないだろうか…というテイストを“再現”してみたい」とのコメントを寄せている。

 続編の連載は4月5日発売の「グランドジャンプ9号」からスタート。タイトルは未定。

【浜名晋一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]