メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育所 3歳以上に国旗や国歌の文言

保育所保育指針改定案を公表

 厚生労働省は14日、保育所に通う3歳以上の幼児に対し、国旗や国歌に親しむことを求める文言を初めて盛り込む保育所保育指針改定案を公表した。同日文部科学省が公表した幼稚園の教育要領案に表現を合わせた形だが、保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設のため、過度の押しつけにつながる可能性があるとの懸念が出そうだ。

 保育所保育指針改定案には、国旗について「保育所内外の行事において国旗に親しむ」、国歌については「正月や節句など日本の伝統的な行事、国歌、唱歌、わらべうたや日本の伝統的な遊びに親しむ」という表現が盛り込まれた。国旗は現行の幼稚園の教育要領、国歌はこの日公表された教育要領案と同じ表現となっている。

 保育指針改定案はパブリックコメント(意見公募)を実施し、18年度から施行する予定という。厚労省は改定について、「幼稚園と保育所の一体化を進めており、文科省の教育要領の見直しに合わせた。国旗掲揚や国歌斉唱を強制するものではない」と説明している。

 幼稚園は学校教育法で義務教育前の教育を担う場、保育所は児童福祉法で保護者に代わって保育する場とそれぞれ位置付けられており、本来の目的は異なっている。【山田泰蔵】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 減らぬ大阪市の生活保護受給 本当の課題とは
  2. 認知症無理心中 老老介護の末 遺書に「じいじ、ごめん」
  3. ファンキー末吉さん JASRACを「不当」と上申書
  4. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
  5. フィンランド 通行人刺され2人死亡 男拘束、8人搬送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]