メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨季まで京都所属のD・ロビーニョと和田篤紀、韓国2部クラブ移籍決定

情報提供:サッカーキング

昨季まで京都でプレーしていたダニエル・ロビーニョ [写真]=Getty Images
 京都サンガF.C.は15日、昨季まで同クラブに所属していたブラジル人FWダニエル・ロビーニョ、MF和田篤紀が韓国2部(Kリーグ・チャレンジ)のソウルイーランドFCへ加入することが決まったと発表した。

 ダニエル・ロビーニョは1989年生まれの28歳。2013年にザスパクサツ群馬へ加入し、2014シーズンにはJ2で37試合出場14ゴールを記録した。2015年からは京都でプレー。昨季は明治安田生命J2リーグで32試合に出場して4ゴールを挙げた。

 和田は1993年生まれの24歳。ヴィッセル神戸の下部組織出身で、同クラブのユースから関西大学に進み、2015年に京都に加入した。在籍2シーズンで、明治安田生命J2リーグで9試合、天皇杯で1試合に出場した。



【関連記事】
●ブラジル人選手、タイ1部でのプレー人数が増加…日本に次いでアジア2位に
●甲府、9年連続で山本英臣が主将に…副主将は新加入の兵働ら3名
【コラム】長崎総科大附を率いる名将、71歳の“小嶺先生”が身に付けた「おじいちゃんだから分かること」
【コラム】ユーヴェへの敵意をむき出しにしたナインゴラン…蒸し返されたローマとの因縁とは
【コラム】動く額が少なかったスペイン冬の移籍市場…補強に頼らない下部組織の充実

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま 中等科卒業記念文集の作文全文
  2. とんかつDJアゲ太郎 テレビアニメ化もされた異色マンガが最終回 2年半の連載に幕
  3. 柳葉敏郎 17年ぶりに“歌声”収録 力強く秋田をPR
  4. 世界の雑記帳 ワニがいる川に飛び込み重傷の豪男性、デートの約束をゲット
  5. 森友学園 籠池氏喚問、懐疑の目 「首相の名誉のため」「ショーにするな」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]