メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日曜の朝、携帯が鳴った。友人からだった。定年後の毎日を持て余すように電話をかけてくる。「毎日が日曜日、毎日が生前整理だ」と冗談ぽく言って、前夜、BSで放送された「三屋清左衛門残日録 完結編」の感想を話し始めた。

 おたがい藤沢周平ファンである。数日前の電話では新春に東京都内の百貨店で開催された「没後20年記念藤沢周平展」を話題に、展示の生原稿がすべてコクヨの原稿用紙だったのがいかにも藤沢さんらしく、普通と平凡にこだわった生活ぶりもうかがえた--などとふたりで語らった。

 この日の電話では、もっぱら三屋清左衛門の生き方である。「老いても、あんなふうに生きがいを持てたらと…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  4. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです