メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワタシのシマネ

~異国の地からIターン 熱い心で伝える感性 アリスター・ジャックさん /島根

自ら絵筆を握ってデザインの指導をするアリスター・ジャックさん(右)=島根県出雲市東福町で、長宗拓弥撮影

イギリス→松江市 アリスター・ジャックさん(71)=デザイナー

 「みんな才能があって仕事をするのが楽しい。自分の経験を全て彼らに伝えたい」

 障害者の芸術活動を支援するNPO法人サポートセンターどりーむ(出雲市東福町)で、イギリス出身のアリスター・ジャックさん(71)は絵を指導している。日本語はまだほとんど話せないが、プロのアーティストを目指す人たちに身ぶり手ぶりで思いを伝える。

 スコットランド・グラスゴーで漁師一家に生まれ育った。芸術の道を志したのは中学時代。自分も漁師になる…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです