メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワタシのシマネ

~異国の地からIターン 熱い心で伝える感性 アリスター・ジャックさん /島根

自ら絵筆を握ってデザインの指導をするアリスター・ジャックさん(右)=島根県出雲市東福町で、長宗拓弥撮影

イギリス→松江市 アリスター・ジャックさん(71)=デザイナー

 「みんな才能があって仕事をするのが楽しい。自分の経験を全て彼らに伝えたい」

 障害者の芸術活動を支援するNPO法人サポートセンターどりーむ(出雲市東福町)で、イギリス出身のアリスター・ジャックさん(71)は絵を指導している。日本語はまだほとんど話せないが、プロのアーティストを目指す人たちに身ぶり手ぶりで思いを伝える。

 スコットランド・グラスゴーで漁師一家に生まれ育った。芸術の道を志したのは中学時代。自分も漁師になる…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです