メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/2 英語中核教員、負担重く

志村教諭(右)は休日に英会話教室に通い、スキルアップに努めたという=山梨県甲斐市で、伊澤拓也撮影

 中学、高校、大学と英語を学んだが、得意でも不得意でもなく、人並み--山梨県甲斐市立双葉東小学校、志村征俊(まさとし)教諭(48)は、自らの英語力をそう表現する。

 その志村教諭にとって、2011年度に始まった小学校の「外国語活動」の授業は手探りの連続だった。準備のため、自腹を切って休日に東京都内の英会話教室に電車で通った。ヒアリングには少し自信がもてるようになった。

 2人1組で授業を進める外国語指導助手との会話も滞りない。だが、そんな志村教諭にも、指導助手がいない…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1132文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]