メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/2 英語中核教員、負担重く

志村教諭(右)は休日に英会話教室に通い、スキルアップに努めたという=山梨県甲斐市で、伊澤拓也撮影

 中学、高校、大学と英語を学んだが、得意でも不得意でもなく、人並み--山梨県甲斐市立双葉東小学校、志村征俊(まさとし)教諭(48)は、自らの英語力をそう表現する。

 その志村教諭にとって、2011年度に始まった小学校の「外国語活動」の授業は手探りの連続だった。準備のため、自腹を切って休日に東京都内の英会話教室に電車で通った。ヒアリングには少し自信がもてるようになった。

 2人1組で授業を進める外国語指導助手との会話も滞りない。だが、そんな志村教諭にも、指導助手がいない…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1132文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]