メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

新たな「家族」迎えたい=渡辺守成

 

 昨年11月、国際オリンピック委員会(IOC)から初めてスイス・ローザンヌにある本部に招待されました。国際競技団体(IF)とのフォーラム開幕を翌日に控え、トーマス・バッハ会長らIOCの主要幹部らによる内輪のパーティーでした。バッハ会長は「新しい仲間を紹介しよう。ようこそ私たちのクラブへ、ミスター・ワタナベ」と切り出し、私をマイクの前に立たせました。ジョン・コーツ副会長らテレビなどで見かける幹部を前に、私は「体操界だけでなくスポーツ界全体の発展のために努力します」と言うのが精いっぱいでした。国際スポーツ界に、第一歩を踏み出した瞬間でした。

 翌日からは、他のIF会長との交流が始まりました。多くの会長とあいさつを交わしましたが、国際体操連盟…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文979文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  2. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです