メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダンPKO

稲田氏「居直り」答弁 「一般的に戦闘、法的に武力衝突」 識者、批判相次ぐ

 自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)を巡り、稲田朋美防衛相の国会答弁が波紋を広げている。現地の政府軍と反政府勢力の争いを「戦闘行為」と認めれば憲法9条に抵触しかねないので、表現を「武力衝突」と言い換える--。自らあけすけにそう認めたとも受け取れる答弁をした。野党側は「語るに落ちた」と攻勢を強めている。【川崎桂吾、遠藤拓】

 問題の答弁は8日の衆院予算委員会で飛び出した。民進党の小山展弘氏が、廃棄したとされる陸上自衛隊部隊…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1306文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです