メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの時から

熊本地震復興へ 熊本銀行 本店再開へ全力投入

ボランティアで被災家屋の片付けなどをするふくおかフィナンシャルグループの行員ら=熊本銀行提供

 「落下防止のための工事をお願いできないか?」「いまも余震が続いているので困難です」

 熊本地震の本震が起きた昨年4月16日の午後。熊本銀行本店(熊本市)の応接室で、竹下英(えい)頭取は建設会社関係者と本店の修繕工事を巡って押し問答を続けていた。9階建ての本店屋上にある貯水槽を囲むコンクリート壁16枚中2枚が周辺道路などに落下。1枚の最大重量は7・3トンあり、落下の衝撃で道路が約50センチくぼんだ。本震発生が未明だったため、幸い通行人への被害はなかった。「余震で、別の壁が落下したら……」。本店隣には産婦人科の診療所もあり、不安は募った。竹下頭取は作業員の安全が確保できる範囲内で応急的工事を懇願した。

 工事を急いだのは、週明けの18日に本店をなんとしても開けたかったからだ。熊本県内全63本支店が被災…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1364文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]