メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2時間8分を切る争いを」選手発表

(左から)佐々木悟、石川末広、一色恭志

 今夏の世界選手権(ロンドン)の代表選考会を兼ねた第72回びわ湖毎日マラソン大会(3月5日、日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)の出場選手が15日、発表された。国内招待選手は4人で、昨夏のリオデジャネイロ五輪代表の佐々木悟(旭化成)と石川末広(Honda)、今年の箱根駅伝で3連覇と大学駅伝3冠を達成した青学大のエース・一色恭志らが出場する。

     海外招待は9人で、一昨年の東京マラソン覇者のエンデショー・ネゲセ(エチオピア)、2011年世界選手権(韓国・大邱)銀メダルのビンセント・キプルト(ケニア)らがエントリー。一般参加では若手注目株の宮脇千博(トヨタ自動車)と村沢明伸(日清食品グループ)の25歳コンビ、2時間8分台の自己ベストを持つ松村康平(MHPS)、堀端宏行(旭化成)らが名を連ねた。

     大阪市内で記者会見した日本陸連長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーは「2時間8分を切る争いをしてほしい」と期待を寄せた。日本人1位となり、昨年1月から選考会終了までに2時間7分0秒の派遣設定記録を突破した選手は自動的に代表に決まる。【新井隆一】

    国内招待選手

    佐々木 悟(31、旭 化 成)2.08.56

    石川 末広(37、Honda)2.09.10

    園田  隼(27、黒崎播磨) 2.10.40

    一色 恭志(22、青 学 大)2.11.45

    海外招待選手

    E・ネ ゲ セ(26、エチオピア)2.04.52

    V・キプルト(29、ケニア)   2.05.13

    E・K・チェビー(26、ケニア) 2.06.07

    Y・ア ダ ネ(21、エチオピア)2.09.48

    T・エスティファノス(35、エリトリア)2.09.16

    M・S・ムタイ (24、ウガンダ)2.10.42

    M・マロフィト (35、モロッコ)2.11.20

    B・ピエドラ (34、エクアドル)2.14.12

    E・エルアバシ(32、バーレーン)△1.01.09

    (カッコ内は大会当日の年齢、国・所属。数字はベスト記録。数字の前の△はハーフマラソン)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. くらしナビ・ライフスタイル 減らぬ大阪市の生活保護受給 本当の課題とは
    2. 認知症無理心中 老老介護の末 遺書に「じいじ、ごめん」
    3. ファンキー末吉さん JASRACを「不当」と上申書
    4. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
    5. フィンランド 通行人刺され2人死亡 男拘束、8人搬送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]