メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発

電源喪失どう対処 260人総合訓練 /愛媛

駆けつけた四国電力職員らで慌ただしい雰囲気となった緊急時対策所=愛媛県伊方町の伊方原発で、山崎太郎撮影

 大地震による全電源喪失を想定した総合訓練が16日、伊方原発(伊方町)であった。訓練内容などを事前に知らせない「ブラインド方式」で進められ、四国電力や関連会社の社員ら約260人が参加した。

 四電本店(高松市)、原子力本部(松山市)、伊方原発の緊急時対策所を結んでの情報共有▽緊急用発電機を使った電源供…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです