メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発

電源喪失どう対処 260人総合訓練 /愛媛

駆けつけた四国電力職員らで慌ただしい雰囲気となった緊急時対策所=愛媛県伊方町の伊方原発で、山崎太郎撮影

 大地震による全電源喪失を想定した総合訓練が16日、伊方原発(伊方町)であった。訓練内容などを事前に知らせない「ブラインド方式」で進められ、四国電力や関連会社の社員ら約260人が参加した。

 四電本店(高松市)、原子力本部(松山市)、伊方原発の緊急時対策所を結んでの情報共有▽緊急用発電機を使った電源供…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  4. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです