メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「2国家固執せず」 中東巡る発言、波紋

 【ワシントン大前仁、エルサレム大治朋子】トランプ米大統領とイスラエルのネタニヤフ首相は15日、ホワイトハウスで初めて会談した。会談に先立つ共同記者会見でトランプ氏は、オスロ合意(1993年)以降、米政権が中東和平で前提としてきた「2国家(共存)解決」にこだわらない姿勢を示し、国際社会に波紋が広がった。一方で和平実現に向けイスラエルとパレスチナの双方に「歩み寄り」を要請。また、イスラエルが占領・併合するヨルダン川西岸地区などで進めるユダヤ人入植地(住宅)建設について「少し抑制してほしい」とけん制した。

 トランプ氏は2014年に頓挫した中東和平について、イスラエルとパレスチナ国家建設による共存を目指す…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです