メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「2国家固執せず」 中東巡る発言、波紋

 【ワシントン大前仁、エルサレム大治朋子】トランプ米大統領とイスラエルのネタニヤフ首相は15日、ホワイトハウスで初めて会談した。会談に先立つ共同記者会見でトランプ氏は、オスロ合意(1993年)以降、米政権が中東和平で前提としてきた「2国家(共存)解決」にこだわらない姿勢を示し、国際社会に波紋が広がった。一方で和平実現に向けイスラエルとパレスチナの双方に「歩み寄り」を要請。また、イスラエルが占領・併合するヨルダン川西岸地区などで進めるユダヤ人入植地(住宅)建設について「少し抑制してほしい」とけん制した。

 トランプ氏は2014年に頓挫した中東和平について、イスラエルとパレスチナ国家建設による共存を目指す…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです