メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花粉やウイルス対策になるマスク。プラスアルファの機能をうたった商品が増えている=東京都渋谷区の渋谷ロフトで

 スギ、ヒノキ花粉の飛散が本格化するシーズンを迎えた。日本気象協会が発表した今春の予測では、西日本を中心に飛散数が多くなる「西高東低」の見込みだ。減少するとみられる地域の人も、備えあれば憂いなし。花粉対策を改めて見直したい。

 ●静電気抑える

 まずは、外で飛んでいる花粉を人間が屋内に持ち込まないよう気をつける。花王生活者コミュニケーションセンターの消費生活アドバイザー、弦巻和さんに聞いた。

 衣服は花粉が付きにくい素材を選ぶ。花粉が繊維に引っかかりやすいウールよりも表面がつるつるしたポリエ…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1838文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  4. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです