メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花粉やウイルス対策になるマスク。プラスアルファの機能をうたった商品が増えている=東京都渋谷区の渋谷ロフトで

 スギ、ヒノキ花粉の飛散が本格化するシーズンを迎えた。日本気象協会が発表した今春の予測では、西日本を中心に飛散数が多くなる「西高東低」の見込みだ。減少するとみられる地域の人も、備えあれば憂いなし。花粉対策を改めて見直したい。

 ●静電気抑える

 まずは、外で飛んでいる花粉を人間が屋内に持ち込まないよう気をつける。花王生活者コミュニケーションセンターの消費生活アドバイザー、弦巻和さんに聞いた。

 衣服は花粉が付きにくい素材を選ぶ。花粉が繊維に引っかかりやすいウールよりも表面がつるつるしたポリエ…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1838文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです