メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/3 経済格差、英語力を左右

イーオンの英文法クラスで先生と共に文章を読み上げる小学生たち=東京都多摩市のイーオンの教室で、竹内紀臣撮影

 「『建てられる』だから、buildがbuiltに変わるよね」。東京都多摩市の私鉄駅前にある大手英会話スクール「イーオン」の教室。平日午後6時、小学5、6年生対象の文法の授業が始まった。この日のテーマは受動態。中学ではおおむね2年で学ぶ文法だ。

 講師の白澤洋子さん(32)は言う。「英語を耳や口を使って体感的に覚えるのには限界がある。小学3年ぐらいになると英文法を学ぶことで知識として定着しやすい」

 イーオンは2013年、小学生向けに英文法クラスを新設した。オリジナルの教材で、6年までに中学校卒業…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1000文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]