メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敷地内で火災、放射性物質の影響なし

 17日午前7時15分ごろ、石川県志賀(しか)町の北陸電力志賀原発敷地内にある協力会社「東京エネシス」2階建てプレハブ事務所から出火し、室内にあった従業員用の冷水給水器や壁、工具のカタログを焼いた。けが人はなかった。志賀原発1、2号機は運転停止中で、外部への放射性物質の影響もなかった。

     県や東京エネシスなどによると、出火場所は事務所1階の一角で、当時は無人だった。通りかかった別の協力会社の従業員が北陸電に通報し、同社の化学消防隊が出動して消火。午前8時10分、駆け付けた地元の消防署員が鎮火を確認した。

     事務所は1号機の原子炉建屋から南西に約300メートル。【中津川甫、道岡美波】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 金正男氏殺害 オウム中川死刑囚「あれはVX」発表前に
    2. WEB CARTOP [ニッポンの名車]これぞ究極の1台! 日産スカイラインR34GT-R
    3. 金正男氏毒殺 女2人は中毒対策か 素手で実行、症状軽く
    4. 金正男氏殺害 金賢姫元死刑囚「工作員とは思えない」
    5. 福岡・カフェ ドーナツ人気 「穴がないから落ちない」で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]