メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

中国に有機EL工場を検討…投資数千億円規模

 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建中のシャープが、中国でスマートフォン向けに有機ELパネルの量産工場建設を検討していることが16日、分かった。鴻海の「iPhone(アイフォーン)」の組み立て工場がある河南省鄭州市などが候補に挙がっている。投資規模は数千億円規模になる見込みで、鴻海も出資を検討している。中国メーカーなどとの受注競争に向け、量産開始を当初予定していた2019年より早める可能性もある。

     スマホの画面は液晶パネルが主流だが、アップルは今秋にも発売予定の新型アイフォーンに初めて有機ELを搭載する見込み。有機ELは発色がよく、曲げることもできるため、液晶に代わる次世代パネルとされる。

     シャープは鴻海傘下となり計2000億円を投じて有機ELを国内で生産する計画だったが、中国で補助金などの支援を受けて生産設備を新設した方が効率的だと判断した。アイフォーン組み立て工場内に設備を設ける可能性もある。【土屋渓】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
    2. かぼちゃの馬車 借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」
    3. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
    4. ネモフィラ 空色に染まる広場 岐阜・可児
    5. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]