メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティアの指導で、難民の男性(左)が書いたひらがな=大阪市淀川区で、三浦博之撮影

 ホワイトボードのたどたどしい文字。中東の母国を離れ、日本で難民認定を待つ男性が書いたものだ。

 難民は人種や宗教、政治的迫害、武力紛争などから国を離れざるを得なかった人たちだ。しかし、難民が日本で暮らすためには国から認定を受けなければならない。「RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)」は、入管施設に収容…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです