メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティアの指導で、難民の男性(左)が書いたひらがな=大阪市淀川区で、三浦博之撮影

 ホワイトボードのたどたどしい文字。中東の母国を離れ、日本で難民認定を待つ男性が書いたものだ。

 難民は人種や宗教、政治的迫害、武力紛争などから国を離れざるを得なかった人たちだ。しかし、難民が日本で暮らすためには国から認定を受けなければならない。「RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)」は、入管施設に収容…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. 安田純平さん 妻、会見し救出訴え
  4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  5. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです