メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手軽に簡単 リュック型で「心拍測定」可能

リュック型のセンサーを取り付けた犬。心拍の間隔を調べることで、ストレス状態を観察できる=島村俊介准教授提供

大阪府立大の研究グループが手法を開発

 大阪府立大の島村俊介准教授(獣医学)らの研究グループは18日、心拍を測定することでリアルタイムに犬のストレス状態を調べる手法を開発したと発表した。現在普及している血液検査などの方法に比べて手間がかからず、島村准教授は「表に出にくいペットの病気やけがを家庭で手軽に察知できるようになる」と話している。

 動物にはストレス時に活発になる交感神経と、リラックス時に働く副交感神経があり、どちらが強く働くかによって心拍のテンポなどに変化が生じる。

 犬の心拍は、ストレスが高まると間隔が一定になる特徴がある。グループは、犬の心拍の間隔を計測できるリュック型のセンサーを開発。犬に装着して心拍の変化を観察し、緊張が高まったときに心拍の間隔が一定になっていく様子を把握することに成功した。

 これまで犬のストレス状態を知るには、専門病院で血液や唾液などの検査を受ける必要があり、結果が出るまでに数日かかった。島村准教授は「センサーを商品化し、家庭でリアルタイムに犬の状態を調べられるようにしたい」と述べた。【畠山哲郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. しくじり先生 テレ朝の人気バラエティーが今秋終了 3年の歴史に幕
  2. 飛び降り 女子高生2人、パチンコ店屋上から 親友同士、死亡確認 北海道
  3. テレビ東京 大橋未歩アナ退社へ 12月上旬に
  4. 肉用牛 バイパスに出没、森に姿消す 衝突事故も 福島
  5. キーパーソンインタビュー アフリカで少数民族を撮る意味 裸のフォトグラファー・ヨシダナギさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]