メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

最高裁が人権研修 裁判官100人に

 ハンセン病患者の裁判が隔離施設の「特別法廷」で開かれていた問題で、最高裁が設置した有識者委員会の座長を務めた井上英夫金沢大名誉教授が17日、埼玉県和光市の司法研修所で任官10年目の裁判官約100人に講演した。

     最高裁は昨年4月、特別法廷の運用を「偏見や差別を助長し、違法だった」と謝罪。有識者委から人権研修の必要性を指摘され、初めて裁判官の研修プログラムに内容を組み込んだ。

     講演は非公開。差別の実態を説明したという井上名誉教授は「少数者の人権保障は裁判所の使命。裁判官は療養所訪問の機会を増やし、人権感覚を鋭くすることが重要だ」と話した。【島田信幸】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
    2. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
    3. 札幌中央署 自転車ひき逃げ容疑の大学生逮捕 小2被害
    4. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
    5. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]