メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省・原子力規制庁20年めどに経産省横に

 政府は17日、2020年度をめどに、環境省とその外局の原子力規制庁(東京・六本木)を経済産業省の隣にある日本郵政本社ビル(霞が関)に移転することを決めた。

     規制庁の前身は、経産省傘下の旧原子力安全・保安院。保安院は東京電力福島第1原発事故後、経産省から分離され、規制庁は六本木の民間ビルに移転したが、再び経産省の隣に移ることになった。

     環境省は福島原発事故後、放射性物質の除染や指定廃棄物の処理といった業務が拡大。中央合同庁舎5号館のほか新霞が関ビルに部署が分散していたため、一本化される。【柳楽未来】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪 終電繰り下げ 最寄り駅各社要請へ 都・組織委
    2. 海保 湘南保安署新築 「入室お断り」の部屋を独占取材
    3. 神戸製鋼不正 「かこがわフェスティバル」中止を発表
    4. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    5. 九州北部豪雨 20万トン流木の処理難航 2次災害も懸念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]