メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

我が子失った母2人の闘い(その2止) 保育事故防止へ、遺族奔走

自宅のリビングで次男(左から2人目)、長女と遊ぶ栗並えみさんと夫の秀行さん。寛也ちゃんの遺影は左側の畳スペースに置かれている。栗並さん夫妻にはいつまでもかわいい3人の子どもだ=愛知県碧南市で、木葉健二撮影

 

 ◆悲劇の母生まぬため

熱意で国を動かす

 「おやつを詰まらせて救急車で運ばれたので、病院に行ってください」

 2010年10月29日午後、愛知県碧南市の栗並(くりなみ)えみさん(37)は、保育園から突然の電話を受けた。事態がのみ込めないまま乗り込んだ車の中で、「心臓マッサージ」と言われたことを思い出した。とにかく落ち着こうと努め、病院へ急いだ。

 十数分後に着いた救命救急センターの待合室で、泣きはらした担当保育士に「すみません」と頭を下げられた…

この記事は有料記事です。

残り4937文字(全文5160文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]