メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ギリシア人の物語2』=塩野七生・著

 (新潮社・3240円)

民主政の核心はポピュリズム?

 まことしやかに古代の三大美男子といわれるペリクレスは、なによりもアテネ民主政の立役者であり、三十年以上にわたって最良の民衆指導者であった。

 だが、彼が死んだとき、市民はそれほどの感慨もなく、国葬にして弔おうと言い出す者もいなかった。それどころか喜劇作家アリストファネスは、民衆に寄り添うどころか叱りつけてばかりいたペリクレスを笑いの種にして、死んでくれて清々したと言わんばかりだったという。そこには、いったい何が起こったのだろうか。

 そもそも民主政の華といわれるペリクレス時代だが、同時代の歴史家ツキディデスは「形は民主政体だが、実…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1466文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]