メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ギリシア人の物語2』=塩野七生・著

 (新潮社・3240円)

民主政の核心はポピュリズム?

 まことしやかに古代の三大美男子といわれるペリクレスは、なによりもアテネ民主政の立役者であり、三十年以上にわたって最良の民衆指導者であった。

 だが、彼が死んだとき、市民はそれほどの感慨もなく、国葬にして弔おうと言い出す者もいなかった。それどころか喜劇作家アリストファネスは、民衆に寄り添うどころか叱りつけてばかりいたペリクレスを笑いの種にして、死んでくれて清々したと言わんばかりだったという。そこには、いったい何が起こったのだろうか。

 そもそも民主政の華といわれるペリクレス時代だが、同時代の歴史家ツキディデスは「形は民主政体だが、実…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 皇室 愛子さま、短期留学で英国へ 8月9日に帰国
  5. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]