メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

生みの親、夢近づく ブラインドテニス、故・武井さん 転落死6年、今春国際大会

 日本発祥の視覚障害者のスポーツ「ブラインドテニス」で初めての国際大会がこの春、スペインで開かれる。考案者の武井視良(みよし)さんは、パラリンピックの正式種目化を目指して普及活動に励んでいたさなかの2011年、駅のホームから転落して42歳で亡くなった。道半ばだった夢が、実現へ一歩踏み出す。【野村房代】

 ブラインドテニスは1984年、埼玉県立盲学校(現・県立特別支援学校塙保己一学園)高等部の生徒だった…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1216文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 千葉女児虐待死 父「丁寧で実直」 暴力振るうとみられず 同僚ら衝撃
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです