メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金熊賞はハンガリー作品 日本受賞なし

 【ベルリン木村光則】第67回ベルリン国際映画祭は18日、コンペティション部門の授賞式が開かれ、最高賞の金熊賞にハンガリーのイルディゴ・エンエディ監督の「オン・ボディー・アンド・ソウル」が選ばれた。エンエディ監督は初の金熊賞受賞。同作は夢の中で出会う男性と現実社会で遭遇した女性の心の軌跡を描いた作品。日本のSABU監督の「Mr.Long/ミスター・ロン」は選ばれなかった。

     このほか、次点の審査員グランプリにはフランスのアラン・ゴミ監督の「フェリシテ」、女優賞は韓国のキム・ミニさんが「オン・ザ・ビーチ・アット・ナイト・アローン」での演技で選ばれた。

     その他の受賞者は次の通り(敬称略)

     監督賞=アキ・カウリスマキ「アザー・サイド・オブ・ホープ」▽アルフレッド・バウアー賞=「スプーア」(アグニエシュカ・ホランド監督)▽男優賞=ゲオルク・フリードリヒ「ブライト・ナイツ」▽脚本賞=セバスティアン・レリオ監督とゴンサロ・マサ「ファンタスティック・ウーマン」▽芸術貢献賞=ダナ・ブネスク「アナ、モナムール」での編集

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 岡山・加計学園 獣医学部新設手続き「早く」 首相補佐官、前次官に要求 昨秋
    2. トランプ氏 東欧の首相を押しのけ前に? 厳しい批判も
    3. アスペルガー症候群 ぼくにしかできないことを 群馬・桐生の15歳、自宅でコーヒー豆の店開店
    4. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
    5. 世界の雑記帳 メラニアさん、トランプ大統領との「手つなぎ」拒否か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]