メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

『引揚げ文学論序説』出版 離散の記憶掘り起こす 朴裕河・世宗大教授が来日

京都の立命館大で行われた『引揚げ文学論序説』を巡る研究会に参加した朴裕河教授

 前著『帝国の慰安婦』をめぐり、韓国で裁判の渦中にある世宗大学の朴裕河(パクユハ)教授が『引揚げ文学論序説--新たなポストコロニアルへ』(人文書院、2592円)を出版した。日本の敗戦後、植民地や占領地から引き揚げてきた経験を持つ作家らの文学に焦点を当て、忘却された「帝国」の記憶を掘り起こす試みだ。同書の研究会のため来日した朴教授に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1627文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]