メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

『引揚げ文学論序説』出版 離散の記憶掘り起こす 朴裕河・世宗大教授が来日

京都の立命館大で行われた『引揚げ文学論序説』を巡る研究会に参加した朴裕河教授

 前著『帝国の慰安婦』をめぐり、韓国で裁判の渦中にある世宗大学の朴裕河(パクユハ)教授が『引揚げ文学論序説--新たなポストコロニアルへ』(人文書院、2592円)を出版した。日本の敗戦後、植民地や占領地から引き揚げてきた経験を持つ作家らの文学に焦点を当て、忘却された「帝国」の記憶を掘り起こす試みだ。同書の研究会のため来日した朴教授に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです