メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取環境大

イシサンゴ類分裂確認 骨格溶かし1000日

二つの個体に分裂した直後のクサビセンスガイ=徳田悠希講師提供

 公立鳥取環境大の徳田悠希講師(古生物学)らの研究グループが、約1000日かけて分裂するイシサンゴ類の一種の様子を確認した。深海の環境や生態系の研究につながるという。

 島根大汽水域研究センターの原口展子特任助教らとの共同研究で、研究成果は今月2日にオンライン英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。

 日本海や太平洋の海底に生息するクサビセンスガイ(センスガイ科)が、自らの骨格を溶かして上下に分裂す…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  5. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです