メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多摩動物公園

希少ゲンゴロウの繁殖成功 展示開始

ヒメフチドリゲンゴロウは腹側の後方や後ろ脚だけが濃い褐色なのが特徴=多摩動物公園で2017年1月24日、斉藤三奈子撮影

 多摩動物公園(東京都日野市)は、沖縄県の西表島や石垣島など南西諸島に生息し、絶滅が心配される水生昆虫「ヒメフチトリゲンゴロウ」の繁殖に成功し、園内の昆虫園本館で展示を始めた。

 ゲンゴロウの仲間は国内で133種が確認されている。北海道から南西諸島まで広く分布し、水田や池など水辺に生息。漢字で「源五郎」と書き、長野県では食用にされるなど身近な生き物だった。

 水質の変化に敏感で、その生息は、豊かな生態系が維持されているかどうかの指標でもあるゲンゴロウ。19…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  4. 都構想に反対なら公明に対抗馬も
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです