メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

巨人攻守の要活躍 小林と坂本勇、韓国と練習試合

 WBCの2次リーグで対戦する可能性があるライバルへ、あいさつ代わりの一打だった。韓国代表との練習試合で、巨人の小林が安打を放って好機を作れば、坂本勇が適時二塁打。侍ジャパンの主力候補がそろって結果を出した。

 六回。先頭の小林が韓国の左腕・車雨燦の速球を捉え、三遊間をゴロで破る。さらに1死二、三塁とし、坂本勇。2球目の内角に入ってくるスライダーを体を回転させながら巧みにライナーで左前へ。打球を左翼手がそらす間に二塁を陥れ(記録は二塁打)、走者2人を本塁へ迎え入れた。

 日本代表の小久保監督は坂本勇を遊撃手のレギュラーに指名。打線でも中軸に置く考えを示している。小林も…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文742文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです