メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

若者の夢は「違い」超える ドキュメンタリー映画「かけはし」大阪で上映中

ホーム転落の男性救い犠牲に…韓国人青年の遺産 弔慰金での留学生支援や交流の様子

 JR新大久保駅(東京都新宿区)で2001年1月、ホームから転落した男性を救おうとして日本人カメラマンと共に亡くなった韓国人の日本語学校生、李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)。彼の足跡や遺志をたどったドキュメンタリー映画「かけはし」(中村柊斗監督)が2月11日から大阪市淀川区の淀川文化創造館シアターセブンで上映されている。揺れる日韓関係の中、着実に培われてきた民間交流や絆が描かれている。【高尾具成】

 事故から16年が経過した1月26日の命日。秀賢さんの父、李盛大(イソンデ)さん(77)と母の辛潤賛…

この記事は有料記事です。

残り1986文字(全文2278文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」
  4. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです