メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

若者の夢は「違い」超える ドキュメンタリー映画「かけはし」大阪で上映中

ホーム転落の男性救い犠牲に…韓国人青年の遺産 弔慰金での留学生支援や交流の様子

 JR新大久保駅(東京都新宿区)で2001年1月、ホームから転落した男性を救おうとして日本人カメラマンと共に亡くなった韓国人の日本語学校生、李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)。彼の足跡や遺志をたどったドキュメンタリー映画「かけはし」(中村柊斗監督)が2月11日から大阪市淀川区の淀川文化創造館シアターセブンで上映されている。揺れる日韓関係の中、着実に培われてきた民間交流や絆が描かれている。【高尾具成】

 事故から16年が経過した1月26日の命日。秀賢さんの父、李盛大(イソンデ)さん(77)と母の辛潤賛…

この記事は有料記事です。

残り1986文字(全文2278文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです