メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・北側氏

「緊急事態条項」新設挙げる 憲法改正で

大阪市内で講演

 公明党の北側一雄憲法調査会長は20日、大阪市内で講演し、憲法改正について「緊急性、必要性が相当高いものをやっていく必要がある」と述べた。具体的なテーマとして、大災害時などに衆院議員の任期延長を認める「緊急事態条項」の新設を挙げた。

     現行憲法には衆院解散中に参院の緊急集会を認める規定がある。これについて北側氏は「長期にわたって衆院が不在になるのは果たしてどうなのか。民進党にもそういう意見がある」と述べ、任期延長は民進党と合意できる可能性があるとの見解を示した。国民投票にかける改憲案は「1回でせいぜい二つか三つかが限度だ」とも述べた。【高橋克哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
    4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]