メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・北側氏

「緊急事態条項」新設挙げる 憲法改正で

大阪市内で講演

 公明党の北側一雄憲法調査会長は20日、大阪市内で講演し、憲法改正について「緊急性、必要性が相当高いものをやっていく必要がある」と述べた。具体的なテーマとして、大災害時などに衆院議員の任期延長を認める「緊急事態条項」の新設を挙げた。

     現行憲法には衆院解散中に参院の緊急集会を認める規定がある。これについて北側氏は「長期にわたって衆院が不在になるのは果たしてどうなのか。民進党にもそういう意見がある」と述べ、任期延長は民進党と合意できる可能性があるとの見解を示した。国民投票にかける改憲案は「1回でせいぜい二つか三つかが限度だ」とも述べた。【高橋克哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
    2. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
    3. 歯と口の健康アラカルト 親知らず 抜いたほうがいい? /大阪
    4. 補助具 「片腕」で外出、諦めない 乳がん患者が開発
    5. 強盗 見せるため現金2千万円所持 被害者が証言 名古屋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]