メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・北側氏

「緊急事態条項」新設挙げる 憲法改正で

大阪市内で講演

 公明党の北側一雄憲法調査会長は20日、大阪市内で講演し、憲法改正について「緊急性、必要性が相当高いものをやっていく必要がある」と述べた。具体的なテーマとして、大災害時などに衆院議員の任期延長を認める「緊急事態条項」の新設を挙げた。

     現行憲法には衆院解散中に参院の緊急集会を認める規定がある。これについて北側氏は「長期にわたって衆院が不在になるのは果たしてどうなのか。民進党にもそういう意見がある」と述べ、任期延長は民進党と合意できる可能性があるとの見解を示した。国民投票にかける改憲案は「1回でせいぜい二つか三つかが限度だ」とも述べた。【高橋克哉】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
    2. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙
    3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
    4. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
    5. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです