メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子大生殺人未遂

「今度こそ殺しに…一生、刑務所に」

検察官、被害者の供述調書読み上げ「被告を厳しく処罰を」

 「(刑を終えれば)今度こそ殺しに来るかも。一生、刑務所に入っていてほしい」。東京都小金井市で昨年5月、芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)が、刃物で刺されて一時重体になった事件で、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判の初公判が20日、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)で開かれた。午後の法廷で検察官は、被害に遭った冨田さんの供述調書を読み上げ、被告を厳しく処罰するよう求めていると指摘した。冨田さん自身も被害者…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです