メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

こまどり姉妹/中 食べる物もない貧困、いじめられ強くなる=専門編集委員・川崎浩

2人で歌っていたカフェの入り口前に立つ、銭函時代のこまどり姉妹。右から姉の栄子、妹の敏子=1949年秋、本人提供

 1945年、樺太(現ロシア・サハリン)で終戦を迎え、北海道に戻って来た7歳のこまどり姉妹(双子の姉・長内栄子、妹・敏子)を待っていたものは、考えられないほどの貧しさだった。炭鉱労働者の43歳の父は肺を病み、仕事ができる状態ではなかった。父母には別々の配偶者や子供がおり、故郷に身を寄せるといった状況でもなかった。長内一家は土地勘のある炭鉱町周辺に住み、家計は母の稼ぎに頼ることになった。

 「母は父より二つ年上で、秋田美人で歌がうまかった。貧しくても明るく楽しい家庭だった」と2人は思い出…

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1490文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです