メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄付

介助犬協会に10万円 ソロプチミスト宝塚 /兵庫

国際ソロプチミスト宝塚の山中啓子会長(右端)から介助犬育成費用の寄付を受ける兵庫介助犬協会の北沢光大理事長(中央)と、介助犬デイジーとともに出席した木村佳友さん=兵庫県宝塚市で、釣田祐喜撮影

 宝塚市の女性団体「国際ソロプチミスト宝塚」(山中啓子会長)が21日、市内で開いた例会で介助犬育成団体「兵庫介助犬協会」(北沢光大理事長、西宮市)に育成費用として10万円を寄付した。

 介助犬シンシアとともに身体障害者補助犬法成立に尽力した木村佳友さん(56)が宝塚市在住だった縁で、国際ソロプチミスト…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです