メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう向き合う

トランプ政権 自由党幹事長・玉城デニー氏

=内藤絵美撮影

辺野古、唯一でない 玉城(たまき)デニー氏

 --米国がオバマ政権からトランプ政権に代わり、地元の沖縄県にとって変化はありますか。

 ◆オバマ政権には期待したが、残念ながら十分に応えてくれなかった。トランプ大統領は何が起こるか分からない。沖縄にメリットがあるディール(取引)はないのではないか。

 --日米首脳会談後の共同声明は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還について、名護市辺野古沿岸部への移設が「唯一の解決策」と明記しました。

 ◆沖縄県民は唯一の解決策とは認めていないのに、首脳会談であえて言質を取ったのは浅ましい。安倍晋三首…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです