メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

最新作「42本のローソク」 塚本やすしさん

楽しみながら真実伝えたい 塚本やすしさん(51)

 子どもと一緒に大笑いして楽しめる作品もあれば、命や平和についてじっくり考えさせる作品も手がける絵本作家の塚本やすしさん(51)。最新作の「42本のローソク」(冨山房インターナショナル)は、町工場で働く父親を厄年の「厄」から守るために、コツコツお小遣いをためて小さなイチゴのショートケーキを買う物語。作者の少年時代の実話だ。「事実を伝えたい」という作者の姿勢がストレートに伝わってくる。【聞き手・山崎明子】

 東京スカイツリーができて再開発が進んできましたが、墨田区のあたりはもともと下町です。何度か引っ越し…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1090文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです