メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸政彦さん

芥川賞候補作単行本化 人間模様、社会学者の目で

 先月行われた第156回芥川賞の選考会で、受賞は逃したものの選考委員の一部から好評を博したのが、大阪市内に住む社会学者、岸政彦さん(49)の「ビニール傘」だった。

 元来は戦後の沖縄研究を専門にする社会学者。初めて書いた小説が候補に。「小説を書き終えた充足感と候補に挙げられた驚きと喜びを味わった」と語る。

 作品の舞台は、バブルがはじけた1990年代半ば以降の大阪。街の顔色が日ごとにさえなくなる中、孤独を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです