メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

産卵か 来月、ひな誕生期待 鳴門 /徳島

 県などでつくるコウノトリ定着推進連絡協議会は22日、兵庫県豊岡市周辺から鳴門市へ2015年に飛来し、すみ着いた国の特別天然記念物コウノトリが16日までに産卵した可能性が高いと発表した。順調なら3月20日ごろにふ化する。ふ化すれば、1971年に国内の野生種が絶滅した後、野生復帰に取り組む豊岡市周辺以外で初めて。

 協議会の観察によると、つがいのいずれかが巣で伏せる時間が16日までに調査時間の50%を超え、18日…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです