メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

招待選手に前回3位の小原怜ら

世界選手権の代表選考会を兼ねた3月12日開催

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)の代表選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソン(3月12日)の出場選手が22日、主催者から発表された。前回3位の小原怜(天満屋)や、3連覇を狙うキルワ(バーレーン)が招待選手として出場する。

     今大会は、同じ選考会の大阪国際女子(1月)に続いて、前半より後半のタイムが速い「ネガティブスプリット」を目指すペース設定が採用される。従前より前半のペースが遅くなるが、キルワがより速い設定を求めており、3人いるペースメーカーの設定タイムが2通りに分けられる見込み。

     記者会見した日本陸上競技連盟長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーは、「どちらを選ぶかは全てその選手の判断になる」と説明した。【岸本悠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. くらしナビ・ライフスタイル 減らぬ大阪市の生活保護受給 本当の課題とは
    2. 認知症無理心中 老老介護の末 遺書に「じいじ、ごめん」
    3. ファンキー末吉さん JASRACを「不当」と上申書
    4. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
    5. フィンランド 通行人刺され2人死亡 男拘束、8人搬送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]