メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶんかの芽

/5 多度津高 生物科学部 「ミニ水族館」来月開催、珍しい魚も見て /香川

魚に餌をやる多度津高校生物科学部の生徒たち=香川県多度津町で、待鳥航志撮影

 多度津高校(多度津町)の生物科学部が3月20日、校内で「ミニ水族館」を開く。部員が育てている100種類以上の魚など計約400匹を展示。来場者には魚の説明もする。

 多度津高は工業科と水産科に分かれ、生物科学部の1、2年生の全部員18人のうち16人が水産科の生徒だ。活動場所である水産棟の漁業生物室には約50もの水槽が並ぶ。最大のものは幅2メートル、高さと奥行きが各1メートルもある。

 部員は全員が男子。活動は平日の3日間、放課後に魚の世話や水槽の掃除をする。分担して水槽を管理し、校…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. KYB免震改ざん 原発や観光施設も使用 全国に動揺拡大
  4. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  5. バイク事故 パトカー追跡の高校生死亡 逃走中男かの通報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです