メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう ゴール転倒事故 /大阪

学校だけでなく公園やイベント会場でも発生 移動後に固定のし忘れ/ぶら下がるなど使用方法に注意

 今年1月13日、福岡県大川市立小学校で体育の授業中、サッカーのゴールキーパーをしていた男子児童(4年)が味方チームの得点を喜んで、ゴールネットにぶら下がり、落下したはずみでゴールが倒れ、下敷きになって死亡する事故が起きました。ゴールはハンドボール用で、重さは約130キロ。固定用ロープは切れており、くいなどで固定されていませんでした。

 過去にも、サッカーやハンドボールのゴールが倒れて、重傷事故や死亡事故が何件も起きています。

この記事は有料記事です。

残り1481文字(全文1741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]