メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カートレンタル会社を提訴…マリオ衣装無断使用で

=中島章隆撮影

 任天堂は24日、同社のゲームキャラクター「マリオ」の衣装などを無断使用され、著作権を侵害されたとして、公道用カートのレンタル会社「マリカー」(東京都品川区)の経営者らに1000万円の賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

     マリカー社は東京や大阪で公道を走れる1人乗りカートのレンタル業を行っている。任天堂の発表によると、マリカー社は、任天堂のゲームシリーズ「マリオカート」の略称となっている「マリカー」を社名などに使用。カートを貸し出す際にマリオなどのキャラクター衣装を貸し出し、その画像や映像を任天堂の許諾を得ずに宣伝や営業に利用した。

     任天堂は「数カ月前から警告してきたが、誠意のある回答は得られなかった」(広報担当)としている。マリカー社側は「後日、見解を発表する」としている。【土屋渓】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    2. 男逮捕 追い越され「頭に来た」 鉄パイプで相手の車壊す
    3. 拉致被害者家族 トランプ米大統領と面会へ 11月来日時
    4. 運転トラブル 相次ぐ 男が追いかけミラー損壊、容疑者逮捕 埼玉県警
    5. 中国 陳氏、中国副主席に内定 習氏の後継固まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]