メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

土地取引、際立つ異例さ…国会で紛糾

 大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として取得した国有地の取引の異例さが際立っている。24日の衆院予算委員会では、開校時期や財務状況に配慮した前例のない手続きが明らかになり、野党は「政治家が関与していると国民が疑念を持つ」と批判した。焦点は大阪府豊中市の土地の鑑定額9億5600万円から、ごみ撤去費など8億2200万円を減額した財務省の裁量だ。【光田宗義】

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1949文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 拳銃所持容疑で映画監督逮捕 代表作に小泉今日子さん主演「空中庭園」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです